主な目の病気 糖尿病網膜症

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症は、糖尿病の三大合併症の一つで、中途失明が多い病気です。血糖コントロール不良の状態が長期(5~10年ぐらい)にわたるほど発症率も高く、網膜をはじめ組織に様々な障害が起こります。糖尿病の方で、特に目に異常が感じられない場合でも、半年から1年ごとに眼科を受診することをお勧めいたします。

糖尿病網膜症の主な症状と治療

糖尿病網膜症は、「単純」「増殖前」「増殖」の病期に分けられ、この病期に応じて治療法が変わります。また、どの病期でも、急激な視力低下を引き起こす「糖尿病黄斑浮腫」を起こすことがあります。

単純糖尿病網膜症
小さな眼底出血や白斑が見られますが、自覚症状はありません。
特に治療の必要はありませんが、3ヶ月に1回程度、定期的な経過観察が必要です。
増殖前糖尿病網膜症
小さな眼底出血に加えて、網膜における血液の流れが悪くなります。
視力低下が無い場合や自覚症状が無い場合もありますが、放置すると増殖網膜症に進行することが多くなります。レーザーによる治療のほか、1ヶ月に1回程度の受診が必要です。
増殖糖尿病網膜症
眼内に広く出血する硝子体出血や増殖膜ができ、牽引性網膜剥離、難治な血管新生緑内障など、様々な症状が起こります。レーザーによる治療で進行を阻止できない場合は、硝子体手術が必要です。
糖尿病黄斑浮腫
眼底の中心部分の黄斑部に血液成分が染み出て、むくみが生じる病気です。
黄斑部にむくみが出ると、急激な視力低下を起こすことがあるため、レーザー治療、注射による薬物治療、硝子体手術などの治療が必要です。
高岳眼科

高岳眼科

〒461-0005
愛知県名古屋市東区東桜2丁目3-1
Nexus Sakura 1階

一般眼科/小児眼科/コンタクト処方

お電話はこちらから 052-938-4667
診療時間
09:00-12:00
16:00-19:00

▲土曜(午後):13:00-15:00
休診日:木曜(午後)・日曜・祝日

ホーム  院長ご挨拶  診療のご案内  
初診について  院内紹介  アクセス
上に戻る