主な目の病気 子どもの斜視・弱視

子どもの斜視

斜視

斜視は、物を見るときに両眼が同じ方向を見ていない症状で、その多くは目を動かす筋肉や神経の異常によるもの・遠視によるものです。遠視による場合は、眼鏡をすることで治りますが、それ以外は手術を行う必要がある場合があります。遠近感をつかむ、物を立体的に見るなどの機能が弱くなったり、弱視の原因にもなりますので、お子様の目の位置で気になることがありましたら、まずはご相談ください。

斜視の種類

内斜視 斜視 斜視
外斜視 斜視 斜視
左目上斜視
(右目下斜視)
斜視 斜視
右目上斜視
(左目下斜視)
斜視 斜視
交代性上斜視 斜視 斜視

子どもの弱視

弱視

弱視は、6歳くらいまでの視力発達の時期に、斜視や遠視、何らかの異常・けがなどで視力の発達が抑えられた症状です。視力の発達が抑えられている期間や程度によって異なりますが、3歳くらいまでに見つかると治る可能性は高くなります。気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

ご家庭で弱視に気が付きやすいお子様の行動

  • ものにぶつかりやすい
  • 転びやすい
  • 小さなものをつかみそこなうことが多い
  • テレビを近くで見る
  • 目を細めて物を見る
高岳眼科

高岳眼科

〒461-0005
愛知県名古屋市東区東桜2丁目3-1
Nexus Sakura 1階

一般眼科/小児眼科/コンタクト処方

お電話はこちらから 052-938-4667
診療時間
09:00-12:00
16:00-19:00

▲土曜(午後):13:00-15:00
休診日:木曜(午後)・日曜・祝日

ホーム  院長ご挨拶  診療のご案内  
初診について  院内紹介  アクセス
上に戻る